www.michellehux.com

ヒトの血糖調節と知覚

ヒトの血糖調節と知覚

健康なヒトの場合、栄養状態の変動に対して血糖量の変化は非常に緩やかです。血糖調節の中枢は間脳視床下部にあります。この部位を流れる血液中の血糖量の多寡によって、液性、あるいは神経性の調節機構が作動しています。具体的には、インスリンやグルカゴンなどのホルモンと、自律神経によります。興味のある方は血糖値測定器種類も豊富です!
ただ、その作動は通常、私たちの知覚に上ることがありません。血糖調節機構は、ただ黙々と、時計が時を刻み続け、冷蔵庫が食品を冷やし続けるがごとく、ヒトの生涯に渡って体内環境を維持し続けます。一度、お使い下さい血糖値測定器←このサイトです。

 

もっとも、時には血糖値の変動が、間接的に「知覚」されることがあります。今、話題の血糖値測定器自宅で使えます。
飢餓や絶食による栄養状態の悪化を放置すれば死に至ることは明らかですが、そこまではいかなくても、集中力が低下したり、力が出なかったりという経験を持つ人は、多いでしょう。これは、低血糖が直接に知覚されているのではなく、低血糖の結果として現れる事象が知覚されているに過ぎません。それでも、血糖に敏感な人は「血糖値が下がっている」などと表現することがあるから、ヒトの知覚表現とは面白いものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ